大学生の一人暮らし節約術!今すぐ実行してほしい行動・意識・管理


スポンサーリンク

大学生になったら一人暮らしを始める!!だけどお金ないから節約しないと……こんな悩みを抱いている人多いんじゃないでしょうか??

僕の大学時代は自慢できるほどのケチでした。 今やそのケチ度合いが増してきている僕が「大学生が一人暮らしする際の節約術」をご紹介します。

消費の大敵!食費を極限まで減らす

1日に食費1000円としても月に3万円です。できるだけ食費は削りたいですね。その具体的な方法をご紹介します。

まかない付のバイトをする

これは必須条件の一つに当てはまるでしょう! 小食の方ならいいですが、大食いの男子などは特に「まかない付」のバイトを選ぶべきです。

僕自身まかない付のバイトをしていました! 当時はご飯を食べに行くためにバイトに行く!!という考え方をしてました(笑)

学食をフル活用

安く量の多い学食はフル活用すべきです。 また、近年では朝の学食なども普及しています。僕が通っていた大学では講義前の時間に1食100円で朝食を食べれました。

業務スーパーで買い出し

スーパーより業務スーパーのほうが格安のことが多いです。 特にパスタや鶏肉を調達する際は重宝します。

ここで注意していただきたいことは、安くて量が多いということです。 ご自身で食べれる量・保管できる量を見極めておきましょう。

自炊をするつもりの人は参考にしてください。

そもそも自炊をしない

一人暮らし晩年の私は実際に自炊をせずに下記の行動をとっていました。

「自炊する間に働けるじゃないか!!」と考えはじめる。 お金をかけて自炊するのではお金と時間両方損する!!という発想になったからです。

では、どうするかというと 「時間をかけてお金を稼げば節約になる」と考えました!!つまり、「まかないつきのバイトをする」という方法になります。

自炊をしなくなると、ガスが必要なくなります。その為、ガスを解約しました!基本料金すらもったいないですからね(笑) (※当時、体育館にあるシャワーを毎日使っていたので家のガスが完全に必要ありませんでした)

結果として、収入が増えて消費が減り、貯金が増えました!! ※バイトのないときは学食でご飯を食べていました。

投資・消費・浪費を意識する

ご自身がお金を使う際に「投資」「消費」「浪費」のどれに当てはまるかを考えてください。

<例> 投資:参考書を購入 消費:朝食代、電話代 浪費:酒代、高価な衣服の衝動買い < ここにおける、消費と浪費をできるだけ投資に近づけることです。

「衝動買いする金があるなら、20日飯食えるな」 など自分自身で発想転換してください。

始めのうちは、物を買おうとする段階で「投資・消費・浪費」のどれに当たるか考えることから始めましょう。

「これは明らかに浪費だ!!」と思えば買うのをやめ 「これは明らかに投資だ!!」と思えば買えばいいのです。

実際に僕はこれを実践していましたが、本当に余計なものにお金を使わなくなります。自販機でコーヒーなどをついつい買いがちでしたが、この発想を持って以降ほとんど買うことがなくなりました。

金銭管理する

現在の全財産を把握しておくといいでしょう。 簡単に家計簿的なものを付けておくことにより「今月は余裕あるな」とか「節約しないと」という現状把握が可能になります。

まとめ:

お金がないと気分が落ち込んでやる気が滅入ってしまいます。そうならないためにも、当記事を参考にしてみてください。 簡単に要約すると

・食費の節約・消費活動の際の意識・金銭管理

これだけは常にやっておきましょう。

っていうはなし

またねー