通学が辛くて大学に行きたくない??そんな人はコレを見て!!


スポンサーリンク

大学って家から近いとは限りませんよね?? めちゃくちゃ遠かったり、めちゃくちゃ不便だったりします。

連休明けのこの時期ですかねぇ??

「大学通ってらんねー」と本格に感じ始めた時は・・・・

中には、1講義しかないのに往復4時間かかるなんて人も結構いると思います。

僕は一人暮らしするまでは往復5時間くらいかかってましたが(笑)

今回ご紹介する通学が楽になる方法は
1.大学の時間割を工夫する
2.公共交通機関の利用を避ける
3.友達の家に泊まる

それぞれはどのような効果があるのか??今回はご説明しましょう。 [:contents]

通学を少しでも楽にするポイント

f:id:bakabond23:20180422232837j:plain

大学の時間割を工夫する

大学のルール上、時間の移動ができない必修科目などが入っていない限り自分自身で時間割を決めることができます。これを最大限に活用すると以下の対策可能です。

2限目以降の講義を中心に選択する

一般社会の通勤時間とあなたの通学時間を避けるように時間割を組みましょう。渋滞や満員電車があなたに与えるストレスは想像以上にきついです。

あなたは9時から始まる1限目の講義を履修していました。2時間前に家を出ないと間に合いません。このとき、あなたは必然と通勤ラッシュの時間に巻き込まれてしまいます。答えは簡単で、できるだけこの時間をさければいいのです。

大学に行く日数を減らす

時間割を詰めて平日に休みを作るという方法です。この理由は1日余裕があるのとないのでは全然しんどさが変わってくるからです。

僕自身この方法を採用していましたが、金曜の時点での肉体の疲労度が以前と全然違っていました。是非、この方法も試してみてください!

公共交通機関の利用を避ける

電車やバスの利用をできるだけ避けましょう。この理由は、電車やバスは意外に遅れることが多く講義に間に合わない可能性も高いからです。

また、乗り継ぎがある場合さらにこの可能性が高くなり、時間が少しのずれでかみ合わないことも頻繁です。

自転車やバイク通学をする

公共交通機関のように時間に縛られることがなく、比較的スピーディーに移動できるからです。バスを利用するといっても街中ではとてつもなく遅い場合があります。そんな時は、自転車が便利ですね!意外とその辺にレンタサイクルってあるもんですよ!

※道交法を守って事故だけには気を付けてください。また、大学によっては自転車やバイク通学が禁止の場合もあります。

一人暮らしの友達の家に泊まる

これが一番楽で最高の方法でしょう!!友達とも遊べ、楽に通学できる最良の手段ですね!できるだけ多くの友達を作り、寝床を確保しましょう(笑)

番外編

逆転の発想!!いつもより早い時間に通学する 通勤ラッシュの時間を避けたいときは逆に早い時間帯に大学に向かう作戦もありです。遅く通学する時と同じで、通勤ラッシュを避けられる上に遅刻するリスクも減ります。早めに通学し、予習したい時やテスト前の時期はこの方法も取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ:

f:id:bakabond23:20180422233922p:plain 通学を少しでも楽にすることによって肉体的にも精神的にもゆとりを持て、学業に専念できる時間をより有意義に過ごすことが可能です。

具体的な改善方法
1.2限目以降の講義に集中させる
2.大学に行く日数を減らす
3.自転車やバイクの利用を検討する
4.一人暮らしの友達の家に泊まる
5.早めの通学をし大学内で勉強をする

っていうはなし

またねー