ちょっくら転職活動してくるっ


スポンサーリンク

えー就活や転職に関する記事、自己分析の為に書いているですよ

やっぱり伝える側がナウい経験をしとかないと読者は信用してくれないと思うんですね!

っていうのは言い訳で

「転職したいっ」

が本音です笑

って言うのも半分嘘で

「その前に仕事辞めてるねん笑」

一度ストレスフリーになりたかったという勝手な理由やけどそんなことは転職の場で言ったらお釈迦様やから言わへんけどねぇー

そんなこんなで転職活動を始めたいと思います。

転職活動をする前に自己分析をしよう

就活で最優先するべきことは自己分析!実際の経験談を元に解説するぜ!! - 超雑記。なんでもありのユートピア

自分が何をしたいか・何ができるかなどを理解せずに仕事に就くのは死亡フラグやと思うんです。

 

野球のルールもわからずプロ野球界に挑戦する人がいますか??極端な例ですがそれくらい危ない事です

 

すぐ辞められたら自分にも企業にも迷惑です。入社前後のギャップをなくすためにも最低限自分のことくらいわかっておきましょう。

 

じゃなきゃ「俺みたいになるよっ!!!」

「自分の興味」や「能力」がわかれば次の段階へっ

自己分析ができたら業界研究をしよう

業界研究の必要性とやり方を失敗者が簡単に教える【図解付き】 - 超雑記。なんでもありのユートピア

新卒就活や転職を経験して思ったことは自己分析と業界研究は半永久的に続けるべきだということです。

まず上でも説明した通り自己分析で「自分の興味」を明確にします。業界研究で「そこで何ができるか」を調べてください。そこが深まれば企業研究でターゲットを具体的に絞ってください。

両者が究極にマッチしていれば仕事を辞める理由は「独立したいっ!」とか「キャリアアップしたいっ!」ってならない限りほぼないと思います。

コレ半分自分に言い聞かせてますからね笑

僕自身転職活動は4回目

f:id:bakabond23:20180521223624j:image

成功せず終わった転職も含めると4回目の転職活動です。

「どーせすぐやめるんだろう」

って思われるかもしれませんね笑

「事実すぐ辞めると思います」

ある程度社会とは??みたいなことや仕事の基本を学んで独立したいと考えているからです。

元々、ブログを始めたのも「独立した時に役立つかも」というのが理由に含まれます。

というより、ふつーに社会不適合者なんですね笑

社会人1年目では入社1ヶ月目で転職活動しています。この時は「就活たのしいー!!!!」という気持ちでした。転職活動が成功し解放されることしか考えていませんでしたからね笑

ちなみにこの時の転職活動は失敗しました

現在2社を経験しています

金融機関1社を経験した後に建設会社を1社経験しています。

あくまで僕の感想ですが「建設業界」の方が圧倒的に過ごしやすかったてます。

人間関係が良くなく退職してしまいましたが仕事は嫌ではありませんでした。「安全第一」という確かなものを追い求めることが僕には合っていたんですね

逆に1社目の金融機関は業務内容すら地獄そのものでした。お客様から金奪ってこい!!!って感じでしたから

どんな会社に転職しようか??

自己分析をしっかりしないといけませんが悩み中です。

「次こそは失敗しないように」っていう気持ちで臨んだ全開の転職活動

今回は「何かを身につけてやる」という気持ちです。先ほどもお伝えした通り「独立」したいからです

思えば新卒の就活をしている時にすら考えていました。「独立したい」

独立はそんなに甘くない

僕は結構知り合いに飲食店やスポーツ整体をやっていたらする人がいます。その方たちの様子を見るとどうも「生活が楽ではない」という印象です。料理ができるわけでも他に手に職があるわけでもないので今すぐ独立開業しても成功するハズがありませんよね

独立している人は愚痴を言わない

以前記事でも紹介したかも知れませんが「独立している人は愚痴が少ない」という印象です。

「仕事がダルい、働きたくない」何てスーツ着たサラリーマンが言うようなセリフは聞いたことがありません。

「何で仕事が楽しいの??」と聞いたことがあります。

「やりたいことやっているからねぇー!」

そりゃそうだwww

仕事が趣味で生き甲斐みたいな感覚なんですね!僕の知り合いはサラリーマンのボーナスには憧れるけど他はマジで興味ないって感じでした。

僕みたいに転職活動するならコレだけはやっておこう!

働く意味を見つける

自己分析と業界研究、企業研究はお伝えしました。

あとは「働く意味を見つける」ことをしておいた方がいいと思います

偉そうにお伝えしていますがこの意味を見失うと「地獄」です

学生の頃ありませんでしたか??

「何で勉強しなきゃいけないの??」

って思ったこと

わからない間は勉強が苦痛でしかありません。

僕は自分なりの答えを見つけましたがそれは後日お伝えします。ウフフ

さて「働く意味を見つける」に戻りますが僕は見つけることができていません。

だから「地獄」という表現ができます。

つまり僕は「働かなければいけない理由を子供に説明しろと言われてもできません」

仕事を通じてほぼ「辛い」という思いや経験しかしていないので「地獄」と表現しました。

よかったら誰か「働く意味」を教えてください。

夢や目標を定める

目標がないと人生に生き甲斐が持てないと思います。

僕の友達に多いのですが「お前は何が楽しくて生きているの??」と何度も聞いたことがあります。

特にそれを探そうともせずただ来る日を過ごすだけの友を見て「つまんなそう」という印象を受けました。

今思えば簡単な話ですが「夢や目標」がないんです。僕は何となく「独立したい」という夢がありますが具体的に何をするかは決めていません。というよりそこがわかりません

この「独立したい」という気持ちだけが今の僕を突き動かしているといっても過言ではないのですが、コレすらないとするとマシまで「何が楽しいの??」って思ってしまいます

会社で得た経験談はすぐにアウトプットしよう

自己PRや志望動機で使えそうな経験談は今すぐにアウトプットしましょう。

経験談はすぐに忘れてしまいます!

せっかく貴重な経験から得たものが無駄になりますよ!!

転職活動記録は残しておこう

1回目の転職でも100回目の転職でも「職務経歴書」や「自己PR」などのフォーマットは残しておくべきだと思います。

なぜならもし次に転職するとなった時に「あの時はこういう考えで転職したな」なんて思い出すこともあればそのまま文章を使いまわせる時だったあるからです。

特に「君の前前前職」についてはどういう事業内容でどういうことをしているかを明確に覚えていない場合があります。

記憶をアウトプットし記録として残しておくことをオススメします。(※前回転職した時の履歴書や職務経歴書があればいいと思います)

ちょっくら転職活動してくるっまとめ

転職する際は

自己分析→業界研究・企業研究をして!(新卒も同じ)

自分なりの目標を持ち会社や転職活動での経験は記録に残しておこう

 

応援してくれるなら「読者登録」よろしくねー

経過報告および気付いたことがあればその都度記事にしますよ!!

っていうはなし

またねー