イチローが球団特別アドバイザーに就任!事実上の引退??


スポンサーリンク

f:id:bakabond23:20180504141030j:image

(出典:日刊スポーツ)

2018年5月3日(日本時間4日)イチロー選手が球団特別アドバイザーに就任したというニュースが報道されました。


それに伴い、今季は試合に出場しないという衝撃的なニュース内容です。


この為、地元紙では「事実上の引退」という表現をしています。


「生涯契約」という極めて異例の契約でMLB関係各者も驚きを隠せない様子です。

球団特別アドバイザーって何するの?

調査した結果、球団と生涯契約を結びベンチ入り25人枠を外れるが、チームに帯同し練習をしながら選手をサポートする役割だそうです。


簡単に言えば、コーチみたいな感じですかね??


イチロー選手が持つキャリアと準備を怠らない姿勢が球団に最大限評価され、このような極めて異例の契約になったのでしょう。


ただし、来季は出場する可能性があるというなんとも変わった契約です。

イチローvs大谷が実現不可に!

イチロー選手を擁するマリナーズが日本時間7日に先発予想のエンジェルス大谷選手と対戦が実現するのでは?と噂されていましたが、この事で実現が夢へと消えてしまいました。


来年もしイチロー選手が復活すると信じ、期待しましょう。


なんせ「最低50歳まで現役」と語ったこともありましたからね!


大谷選手は

「イチロー選手が野球、ファン、また国(日本)のために貢献してきたことに敬意を払いたいと思います。もちろん、対戦できれば良かったですが、これからも頑張っていただきたいと思います。僕自身も頑張っていきたいと思います」
(引用:日刊スポーツ)

とコメントしています。

野球ファンとしての見解

(※以下はあくまで野球ファンとしての考察が含まれます。)


「生涯契約」というおそらく前例の無い契約を勝ち取ったのはやはりMLBにおいてもイチロー選手の成し遂げてきた功績が物凄く評価されてということでしょう。


イチロー選手が持っている「技術・知識・野球に対する取り組み方」などがマリナーズに浸透すれば物凄く強くなるのでは無いでしょうか?


「最低50歳まで現役」と発言していたのにこの契約を選んだということは


「自分のやりたい事<マリナーズに対する愛情」となったのかもしれません。


「18年で一番幸せな時間でした」と会見で述べている事からこの事が推察できます。


なんせ「本人が納得した契約なら1ファンとして納得」というのが本音です。

まとめ:イチローが球団特別アドバイザーに就任!事実上の引退??

イチロー選手が就任した「球団特別アドバイザー」はマリナーズと生涯契約で引退では無い。


今季はチームに帯同し練習をしながら選手をサポートする役割で来年は出場する可能性もあるらしいです。


この事により今季は「イチローvs大谷」は実現しなくなりました。


僕個人としてはイチロー選手が納得した契約ならそれでいいかと思います。

 

僕個人としてイチロー選手の打席や守備を毎日チェックするという趣味が楽しめなくなりますが、これからも応援し続けます!!!


っていうはなし
またねー