既卒や第二新卒でも新卒就活生と同様の選考を受けられる??


スポンサーリンク

このページに来てくれている人はおそらく転職したいと思っている人か第一志望を逃してしまい、就職浪人するか迷っている人が見てくれているでしょう。

そういう人向けに記事を書いています。

既卒でも新卒就活生徒と同様の選考を受けられるのか??という疑問の答えですが、

条件を満たしていれば選考に参加できる。

というのが答えです。

「既卒ってなに??」

「新卒との違いは??」

など、言葉の意味も踏まえてお答えします。

紛らわしい就活用語「新卒・第二新卒・既卒」について

f:id:bakabond23:20180422232837j:plain

就職支援サイトの説明

そもそも第二新卒とは、誰のことを指しているのでしょうか。転職市場における既卒という言葉は、学校を卒業したけれども就職していない人を意味します。同じく第二新卒は、一般的に学校を卒業し就職をした後、数年内に離職し転職活動を行なう若手求職者を指します。また多くの場合、卒業後1~3年程度の求職者に対して、第二新卒と呼ぶようです。大まかですが、卒業後3年程度を第二新卒、20代の方々を総称して若手、と区分することがあります。
(引用:エン転職)

就職支援サイトではこのような表記がされています。もう少し簡単に僕が説明しますね!

新卒とは

ストレート入社組です。就職浪人をせずに、学生時代に就活を経験し入社する人です。ここでいい企業を見つけるのが一般的で一番無難でしょう。

第2新卒とは

卒業して3年以内の人です。すぐやめちゃったと捉えられるかもしれませんが、企業としてはある程度の社会的基礎知識を備えている且つ若いというメリットがあります。

既卒とは

就職せずに卒業した人です。例えば、留学などに行っていて卒業後すぐの就業が不可だった人などがここに当てはまります。ただニートになった人もここに当てはまります。

既卒や第2新卒の人は新卒の企業に応募できるの??実体験をもとに解説。

f:id:bakabond23:20180422233627j:plain
はっきり言って「既卒」≑「第二新卒」で企業によって認識が違うというのが印象です。実際に転職を経験しましたが上で紹介した言葉の意味が深く浸透していないという印象を受けたからです。

どういうことかというと、求人募集欄の応募条件に
「新卒の方」
「既卒の方」
「20歳以上の方」
「自動車運転免許を保有する方」
などの条件がありますが、この「既卒の方」という部分がとても曖昧なんです。

つまり「既卒の方の意味の中に第二新卒の方」という意味が含まれている可能性があるんです!!

(この例は「第二新卒の方」の場合もありますし双方記載してある場合もあります。)

僕がお伝えした事前情報では「既卒」は留学などで就職しなかった人とお伝えしました。

この時点で「第二新卒」の人は
「あっ、該当せーへんのや・・・・・エントリーやめとこか」

って普通はなるわけです。

企業によって既卒と第二新卒の定義が曖昧とお伝えしましたよね??

真意を知りたいなら
「電話して聞いてください!」

本当に受けたい企業を文面だけでエントリーせずに選考を受けないのは超もったいないです。

僕も転職先するさいに20社くらいに電話で質問をしました。

「応募条件の中に既卒の方(第二新卒の方)とありますが第二新卒(既卒)でも応募は可能ですか??」

という風に絶対電話してください!!

だいたいの会社は「OKですよ!!」と言ってくれました!!

その中からいくつか内定もいただきました。

どうしても電話しないとだめ??

はい、ダメです(笑)

というより一瞬で解決するのでメールより電話のほうがいいでしょう。

そもそも何のために企業はお問い合わせ先を設けているのですか??

当ブログもお問い合わせ先があり・・・

あっ、忘れてた(笑)

設置しますので、わからなければ聞いてくれたらうれしいというのが本音です。(基本はTwitterが速いかと)

よく会社や学校でも言われますが
「教えを乞われるとうれしい」と聞きます。
それに通ずる部分があるんでしょうね!

電話したことにより、実際にすごく喜んでくれた企業もありました!!

逆に志望度が高いと「選考は受けることができません」と言われるとめっちゃショックですが(笑)

でも、業界にもよりますが「既卒」「第二新卒」と記載あれば同様の意味合いで捉えてほぼ大丈夫ですよ!!

既卒と第二新卒が新卒の選考を受けるためには??まとめ
・企業によって「既卒」と「第二新卒」の定義が曖昧
・応募条件に「既卒の方」か「第二新卒の方」のいずれかしか記載がない場合は電話してその真意を伺うこと
・第二新卒だった僕の経験上ほぼ90%くらいの確率で選考を受けることができ、内定までもらった経験もある。

第二新卒や既卒だから不利になることはある??

f:id:bakabond23:20180422234142j:plain

一度やめているという事実はやはり不利になる。

転職の際は転職先を先に決めてから会社を辞めるというのが一般的だと辞めてから気づきました。

僕の場合、前職某金融機関の仕事が嫌すぎてやめることしか考えられなかったから知る由もありませんでした。

是が非でも仕事辞めたいが口癖でしたからね(笑)

後にも先にも「是が非」なんて口にしていませんよ(;´・ω・)

面接の際にこう言われるわけです
「なんでやめっちゃったの??」
「どうせ内でもすぐ辞めるんじゃないの??」
「少し考え方が甘い、最低三年は・・・・・・・」

と言われます。この辺りはちゃんと答えられないと不利になります。

僕が使っていた既卒・第二新卒の弁解手段は3つ

作戦1:御社に入りたいんじゃーの猛烈アピール

学生の頃ご縁を頂けなかった御社に辞めてまで応募しています。その証拠に説明会やその他イベントすべてに参加していますし、御社に対する知識は誰にも負けません。

(ガチで勉強しました。ノート3冊くらいと卒論以上のまとめ論文みたいなのを作成。2社分やりましたが1社は最終で落ちました。)

作戦2:前職のお客様に嘘ついていいんですか??作戦

前職では「来年もよろしくね」といってお客さんに年度末挨拶するわけです。新年度が始まり私がいなかったらお客さんに失礼ですよね??そんなこと僕はしたくないからスパッとやめました。

作戦3:今から入る御社で活躍するから!!と話題を変える

過去のことはいいから未来にの話をしようよとうまく話題を切り替え作戦です。

正直、なんでやめたの??ばっかり聞かれていると面接ではなく取り調べを受けている気分です(笑)

如何にその話をさせずに「御社に入りたいか!」を伝える展開に持っていくかが重要だと感じました。

例えば「前職では成功はできませんでしたが、御社では前職で培った○○が生かせると思います!!」なんていう締め方をすれば無理やりですが良いように志望動機へ持ってこれます。

この3つが有効だったかどうかわかりませんが、実際に内定はいただけました。(一つ目の対策は負担が大きすぎるので、第一志望の会社に絞ってください。ここまでやる必要はないかもね(笑))

採用する際迷われると先に切られる可能性はある。

既卒や第二新卒を採用すると新卒で野党よりその会社に貢献してくれる時間が数年間減るわけです。

新卒の人と同じ評価で最終選考を終えた場合、新卒の人の方が若いのでそっちを採用しがちというわけです。

やっぱ若い者が有利!!

その事実は正直否めません。

でもね、既卒や第二新卒はニートしていない限り生きている期間が長いから経験は豊富なわけです。

その期間に何をして何を得て何を活かせるのかをフルアピールすると全然関係ないと思いますね!!

日本は労働が義務です

一度経験していますが、何も考えずやめてフリーターとニートの間をさまよいました。

その時の世間の目はとても冷ややかで、まるで自分が非国民で犯罪者なのかと思ってしまうほどです。

病んでいても仕方ないので、この間にいろんなことに挑戦するしかないというのが答えです。

ちょっと思い話題になっちゃいましたね!!
ここまで読んでくれているからお伝えしますね、既卒や第二新卒のメリットを以下でご覧あそばせー

第二新卒や既卒が不利になる点のまとめ
・一度やめているという事実はやはり不利になる
・伝え方次第でどうにでもなる。

既卒や第二新卒のメリット

f:id:bakabond23:20180424213207j:plain
メリットはこれまでにもお伝えしていますが「何かしらの経験があること」です。経験は時には財産にもなり得ます。

具体例を既卒と第二新卒でお伝えすると

既卒であれば「留学で様々な国の人と国際交流をしていました」といえばなんとなく英語は大丈夫そうだなと思わせることができます。

第二新卒なら「社会人経験がありそこで社会人としての基礎所作は覚えたので御社ではすぐに電話対応などの業務携われると思います。」
と伝えれば、
「ああ、面接の態度から見ても仕事できそうだね!経験もあるし」

となるわけです。このように新卒より有利になる可能性もあるわけです。

1社目で頑張れなかった人は??

はい僕です。これマジ僕でっせ(笑)
お客様の為にみたいな企業理念なのに利益至上主義すぎて事業内容に納得できなかったんですね。だから、必要以上の商品の紹介はしませんでした。

まあ、マジで頑張ってないというか利益に貢献できなかったといったほうが正解でしょうか?

社会に出て利益を稼げないのは悪だと教わりました。だからね、悪者でよそ者扱いされました。まあ、うまいことwinwinの関係を築けなかった自分が悪いんですけど(笑)

そんな僕と同じ境遇がある人絶対いると思います(願望)

そんな人がアピールしたくなるのは

「学生時代の経験じゃないですか??」

僕はね、社畜としてはダメでも学生時代は頑張っていたんですよー

部活もやっていたし、勉強も成績よかったですからねー

それをアピールしました!!

そこで気になるのは学生時代頑張ったことは評価される??ってことでしょ??下に進んでくださいね!

学生時代に頑張ったことは評価されるの??

f:id:bakabond23:20180424190839j:plain
評価してもらえる!!が答えです。

卒業してから一年以上たっていましたが大いに評価していただいたというのが正直な感想です。

しかし、会社員時代には何を頑張りましたか??と聞かれることもあるので十分に注意ですね!そこも対策してください。

そうでなければコミュ障の僕が内定5社ももらえませんよね??(笑)

既卒や第二新卒のメリットまとめ
・新卒より経験が豊富
・企業にとって一からの教育が不要

まとめ:既卒や第二新卒でも新卒就活生と同様の選考を受けられる??

f:id:bakabond23:20180422233922p:plain
企業によって既卒と第二新卒の定義が曖昧なのであなたが置かれている状況を採用担当者に問い合わせよう!!
→経験上丁寧に対応してくれ、運が良ければ好印象を与えられる。

既卒や第二新卒が不利になる状況
新卒と同評価だと不利になる。
→若いほうが企業に貢献してくれる間が長いから等

辞めた事実や働いていない期間はやはり不利になる
言い訳次第でうまく言い回しができるがうまくアピールできないと不利になる。

既卒や第二新卒が有利な点
経験があること
でもニートはちょっと擁護できないけどね(笑)
職探しニートは問題ないよ!!自分探しだから!!

っていうはなし
またねー